マルセイユタロット 大アルカナ 17星 意味まとめ

マルセイユタロット 大アルカナ 17星 意味まとめ 

一糸まとわぬ女性が川にツボの水を流していて空には星が輝いています。

【意味】

純粋で無垢になる事。すべてを水にながしてすっきりとして「ま、いっか」とする事

他人によく見せようとしたり(目的・欲)、寒さから身を守ったり(防護)、周囲にあわせようとしたり(重荷)していた服(鎧)はすべてここでは無意味で邪魔だとゆうことです。

最も尊いもの以外は不要となってしまいます。

周囲の期待、エゴ、プライド、それらがすべてなければスムーズに先へ進めるはずです。ここではすべてを流してしまいましょう。コントロールは不可だとゆうことを知る段階です。

【どんな時このカードがでるの?】

周囲にどう思われているかを気にしている時や、目的や願望があるかないかが問われている時に出るカード

相手や外の事をコントロールしようとしてうまくいかないときに出るカード

【こんな世界観】

【例】子供が全然勉強しなくて困っているお母さん。勉強はしなくちゃいけないよね、いい大学いい会社には就職できないものねぇ。でもお母さんは子供をコントロールなんてできやしません。心配しないのは親としては無理かもしれないけどお母さんは子供の時よく勉強したのかな?出産のときはどんな子が生まれて来てほしいって願ったかな?元気なんだから「ま、いっか」って声にだして言ってみてください。

つまらない欲(相手を思い通りにコントロールできると信じている事)を手放さない限りはお母さんの苦労はなくなりません。

 【例】新しい企画を立ち上げようと思うんだけどどうだろう?もし単純にやりたいとか楽しみたいとゆう無欲の状態ならいいけど、そこに目的や欲があるなら手放してごらんっていってるよ。あるなら放せ、ないならすすめ。

【世界観の位置づけ】

・主体性・なし

・位置・体  

【オポジションカード(対比)】

3 女帝・・> なにもしなくてもドンドン裕福になって多くのものを身に着けていく。

(星 :捨てていく、断捨離、デトックス)

◇7 戦車・・> 願望や欲求を是が非でも実現させようとしていくハングリー精神むき出し。

(星 :捨てて無欲)

【まとめ】

主体性は全くないので「何もかもを手放す段階です」

何か「あきらめ」に似てどうにかすれば叶えられる!と信じている人にとっては確かに「諦め」で残念と捉えてしまうでしょう。

しかし頑張れは何でも叶えられているでしょうか?

成功とゆうものをどの様に捉えるかは人それぞれで、ここで苦しいと考えるひとはエゴと欲で無理やりかなえようとしているとゆうことです。個人の無力さも認めるそんな大人なカードです。

私はアメブロを書いているのですがそれについて出たカードが「星」でした。

単純に本音で思いっきり出しまくればうまくいくのね、と解釈しそうですがやや違っていました。

ここでは「目的・欲」があるかが大事となってきます。

私の場合はアクセス数とゆう目的がありました。つまりどんなに本音をあけすけに書いて頑張ってもアクセス数にはつながらないとゆうことです。ただやりたい、書きたい、そんな純粋な気持ちであれば内なるその純粋なものは輝きだす、とゆうことと解釈しました。ま、そんな輝きもみたいならやってみてもいーよね。しょーがありません笑