マルセイユタロット 大アルカナ 10運命の車輪  意味まとめ

運命の車輪

回る車輪の上と左右に獣がいる

【意味】

運気とゆうのは上がる時もあれば下がる時もある。それは努力や意思とは関係ないこと

運命や運気さえも努力次第で、とか自分で運気を上げるもの、と考えることもあるけれどそんな相対的な考えではなくただ回転していくものがあってその上にいる時もあるけど下にいる時もあるとゆうものです。後になって「あれは運命のいたずらだったよね」とゆうセリフを聞いたことはないでしょうか?たまたま起こる世界とゆうのはあるとゆうことです。しかし実はそのたまたまはみえない作用でできていて良いとか悪いとか抜きに運命に関わることに通じていくということです。そしてそれは頑張ろうが頑張るまいが変わっていく、展開していく運命だとゆうことです。また、大した努力もしないのに結果を出している人がいますが、いってみればたまたまとか相対的なもの以外の見えない作用で恩恵を受ける事があるのものこの世界でしょう。

【どんな時このカードがでるの?】

・なんだかわかんないけどたまたまな出来事な時

・主体性がある世界とそうでない世界の転換期

・後になってから偶然な出来事が意味を持ち出す時

【こんな世界観】

ここでは努力してもしなくてもなるようにしかならないとゆう世界です。つまり運は天任せとゆうこと。笑顔でいたら運気が上がったとゆう場合は女帝の世界。努力次第で結果がでるのは正義の世界。運命の車輪では偶然の流れにのるのが一番賢いとゆうことかもしれません。偶然のようなたまたまの出来事の繰り替えしから人生はできていて後になってからあの時あんなことがあったから今に至っているんだ。あれは運命だった、と気づくそんな出来事もあるとゆうのがこの世界です。運命というのもたまたまとゆうのもつまりはそれが上にいるのか下にいるのかの違いなだけ。素敵な運命、つまらない偶然、どちらも同じではあるのですが上か下かで表現は違ってくるのかもしれません。

【世界観の位置づけ】

・主体性・なし

・位置・なし

【オポジションカード(対比)】

なし

【まとめ】

運命の輪、とゆうと何か素敵な想像をしてしまいます。それは棚から牡丹餅的なニュアンスもありますが同時にその逆もあります。しかし木を見て森を見ずとゆうように一点をとらえてしまっては上や下と感じますが総じて同じなのでしょう。そんなことをいってしまうともう占い自体がなにか退屈で面白みのないどうしようもないツールに感じてしまいますが、そうゆう時って確かにありますよね。今がそれだよね、と客観的に捉えなおすきっかけにしてくれるのが何も摩訶不思議な物でもなんでもないそれがタロットの役割なのでしょう。

摩訶不思議に頼らなくても我々人間の能力の方が実は人生そのものをドラマチックに輝かせることも成長させるも可能なのですから。